会誌「自動車技術」2019年9月号

特集「環境と地球にやさしい最近のエンジン」

地球温暖化やエネルギー、環境汚染問題に対応するために、世界中で燃費・排出ガス規制の更なる強化が求められています。内燃機関のエンジンは少なくとも今後数十年は残っていくことが予測されており、新燃焼や代替燃料、ダウンサイジング、触媒など環境性能向上の実現に向けた技術開発が続けられています。本号では環境と地球にやさしいエンジン開発のために、どのような技術が採用されているか紹介します。 目次を見る»

  • ■ 総括・展望(3編)
  • ■ SIPによる内燃機関の研究開発体制の進化(2編)
  • ■ 最近のガソリンエンジン ダウンサイジング過給(3編)
  • ■ 最近のガソリンエンジン 気筒休止機構(1編)
  • ■ 最近のディーゼルエンジン ダウンサイジング過給(2編)
  • ■ 最近のディーゼルエンジン 後処理技術ほか(3編)
  • ■ ハイブリッド用エンジン(2編)

各記事の概要は下記よりご覧いただけます

  • PCから見る »
  • スマートフォンから見る »

連載記事

  • 技術の窓:自動車をさらに安全にするときに考えなければならないこと 真行寺 茂夫(元カルソニックカンセイ)
  • 超の世界:超高効率SiCパワー半導体の開発(産業技術総合研究所)
  • スポットライト:リチウムイオン電池用銅箔50枚のレーザ溶接に成功(古河電気工業)
  • 標準化活動レポート:次世代モビリティシステムの開発と標準化の役割(経済産業省)
  • 匠の技:究極の「匠」,テストライダー 中島裕一氏(スズキ)
  • 学生フォーミュラの日々 そして 今:学生フォーミュラと過ごした12年間 和泉恭平氏(川崎重工業)

ご購入はこちら»

ページトップへ

Этот нужный интернет-сайт со статьями про стратегии инвестирования.
У нашей фирмы авторитетный блог с информацией про раскрутка сайтов в интернете.
стероиды купить украина